はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2021.09.3 呼吸・自律神経のこと

「静か」になると気づけること

先週はトータルコンディショニングウィークでした。

(トータルコンディショニングウィーク・通称TCは、僕の学ぶ呼吸・整体勉強会の仲間による呼吸ワークです)

TCをやると「静かな自分」になります。

「イライラしているな」

「手に力が入っているな」

「雑念がわくな」

など、いまの自分の状態に、スッと気づくかんじに。

それは例えば、自分を取り巻く音のよう。

会話しているときBGMがうるさいと、相手の声が聞こえづらいです。

でも、ボリュームを下げると相手の声が聞こえる。なにを言ってるのかがわかる。

身体も同じで、静かな状態だと身体の声をキャッチしやすい。

自分の中に静けさがあること。静かな自分でいること。

それはいまの自分に気づくための大切な要素。

気づくことが、ラクな身体でいること、身体を傷めないことの、重要なポイントだと思います。

気づくから、対処できる。より気をつける。

これも呼吸法・呼吸ワークの醍醐味。そして呼吸を整えることが養生につながる理由です。

静かになる感覚、呼吸が整う心地よさ、ぜひ体験してもらいたいものです。

呼吸法・呼吸ワークに興味がある方、ぜひいっしょに!


ご予約・お問い合わせ