はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2021.07.10 呼吸・自律神経のこと

自分にピントを合わせる

最近は朝一で深呼吸のワークをやっています。

深呼吸ワークをする。自分に意識を向ける。

そうすると、今の身体の状態、自分の状態がクリアに見えてきます。

「座りにくいな」

「頭の重たさが気になるな」

「仕事のことを考えてしまうな」

「今日は整っているな」

など。

今の状態が浮き出てくるかんじです。

整っているもの、整っていないもの、クリアに見えてきます。

クリアに見ながら、浮き出ることをただ認識しながら深呼吸を続けていくと、とても静かな状態になります。

余計なことを考えない、独特の落ち着きが生まれます。

その後、浮き出た部分、整っていない部分に対して、直接的に調整をかけたりします。
そうして身体全体を整えていきます。

ピントを合わせる

それは「身体にピントが合う」イメージ。

意識が乱れているとピントを合わせることができず、身体の状態もぼんやりとしか捉えられない。

深呼吸ワークで意識を整えると、身体にピントが合うようになる。状態をクリアに見ることができる。
身体に限らず、身の回りのこともスッと見やすくなる。

これは施術にも言えること。

どこがどのようになっているか?
どこにどのような鍼やお灸をしたらよいか?

施術前にまずは相手の状態を把握する。

整うという前に、整えるものはなにかを気づく。

自分に意識を向ける、今の自分に気づく

呼吸ワークにはそんな役割もあります。


ご予約・お問い合わせ