はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2021.07.8 からだとこころのこと

「頼ってもいい」ということ

「ニュースレター出すので、記事書いてくれない?」

と、声をかけてくれたのは先輩・ナツメ堂鍼灸院の久保さん。

いつもこんなふうに機会を与えてくれる、お世話になっている先輩です。

当然二つ返事でお受けしました。

最近想っていたことを書かせていただきましたので、ブログでもお伝えします。

ひとりで頑張っている

ホクラクの患者さまから、

「ずっとひとりでご主人の介護をしてきたが、デイサービスを利用し始めてから体も気持ちも楽になった。ご主人も外に出ることが良い刺激になっている」

というお話を聞かせていただきました。

時を同じくして、久しぶりにご来院された患者さまのこと。

「ずっと肩こりが辛くてシップなどでごまかしていたが、いよいよしんどくなったので来ました」とのことでした。

施術後「あーこんなにラクになるなら、早く来れば良かった」との声。

おふたりの患者さまに共通しているのが、

「自分の力だけで、なんとかしようとしていた」

ということだと思いました。

「頼ってもいい」

「自分のことは自分で」それは大切なことだと思います。

ですが、時にはプロに任せたり誰かを頼るほうが、結果いろいろと効率が良いこともあると思います。

今の世の中の状況で「他人に迷惑をかけてはいけない」という風潮が、どことなく強まっている気がします。

でもこんな時だからこそ、

「困ったときは頼ってもいいんだ」

そして頼られる方は、

「お互いさま」

という気持ちを、少し多めに持ってみる。

そうすれば、もっと皆がラクに暮らせるだろうな、と思います。

そして、僕ら鍼灸師は「身体のプロ」

しんどいなぁという時は、声をかけてくれたらうれしいです。


ご予約・お問い合わせ