はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2021.07.4 からだとこころのこと

治療と養生の違いって?~リスクから考えてみる~

「治療」と「養生」

どちらも聞いたことのある言葉だと思います。

なんとなく似ている言葉、なんとなく違いがわかる方も多いと思います。

あらためて、その違いは何でしょうか?

言葉の意味を調べると、

治療:病気やけがをなおすこと。病気や症状を治癒あるいは軽快させるための医療行為。      

デジタル大辞泉より

養生:本来のあるべき姿でいられるよう、保護をすること。

実用日本語表現辞典より

とのこと。

言い換えると、

治療=起きていることの解決

養生=起こり得ることの予防

とも言えます。

症状を図にしてみる

これを症状という視点から考えると、

真ん中の赤い線が発症のラインとします。

真ん中より上が「症状自覚ありエリア」⇒治療の対象

真ん中より下が「症状自覚なしエリア」⇒養生の対象

ここで重要なポイントがあります。それは、

「症状自覚なしエリア」でも、どのあたりいるのか?

ということ。

つまり、

発症ラインよりすぐ下にいる人は、少し負担かかると症状が出る人

発症ラインよりだいぶ下にいる人は、多少負担かかっても症状が出ない人

両者ともに「症状が無い人」ですが、「症状が出るリスク」に関しては差があります。

そのリスクというのは、ぐっすり眠れてスッキリ起きているか?食べて出すことがスムーズに出来ているか?などの、生活の質として現れます。

症状の有る無しだけではなく、

自分がどのあたりいるか?症状が出るリスクは?

身体や生活の質はどうだろう?

そこへの意識が大切。

そんな視点を持つと、結果症状を防ぎ健康に過ごせます。

身体をよりよい状態へと質を高めることで、リスクを減らすことが出来ます。

これが、予防医療であり、養生、そして未病治(病気にならない程度の段階で治す)ということになります。

鍼灸や呼吸法のメリットは、「治療」にも「養生」にも効果的ということ

ホクラクはその両方からサポートします。


ご予約・お問い合わせ