はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2020.12.13 ホクラクについて

ホクラクの特長~その②
「はりきゅう(鍼灸)+呼吸法で、お身体がもっとラクになります」

ホクラクの特長が「はりきゅう(鍼灸)」と「呼吸法」
の組み合わせによる施術です。

やはりこれも自身の体験と臨床からたどり着いたもので、ホクラクが専門としているアトピー・じんましん・息苦しさ・背中の痛みやコリに効果的と考えています。

ホクラクの治療の考え方は「身体をリセット=ニュートラルにすること」です。

そのための手段として、鍼灸や呼吸法などを行います。

リセット=ニュートラルとは「身体を最適化すること=本来の身体の機能が十分に働く状態」のこと。そのために、鍼灸などで筋肉や皮膚の過緊張をゆるめ、コリや滞りを解き、血流を回復させ、動きを改善し、呼吸を整えていきます。呼吸法も同様のアプローチが出来ます。

鍼灸などでお身体をリセット・ニュートラルにし、さらに患者さまご自身で養生としての呼吸法を実践することで、より高い治療効果と効果の維持、そして生活の質の向上が期待できます。

もっと身体が、日々が、ラクになれます。

呼吸は1日約3万回している生命活動の基礎であり、
身体状態の根本となるものです。

呼吸が整うと、身体の面でも、気持ちの面でも、日常をラクに過ごせます。

逆を言えば、呼吸が乱れていることで「疲れやすい」「緊張する」「落ち着かない」など、日常がしんどくなります。

その状態が続くことが「不調の芽」となり、何らかの症状として現れ、症状が治りにくいなどのことが起きます

では、ここで言う「呼吸が基礎であり根本」とは、どういうことでしょうか?

例えば、何らかの病気を発症したとします。

一部の病気や外的要因の強いものを除いて、病気になった背景にはそれまでの生活状況や身体の使い方が関係します。

例えば、過労、睡眠不足、偏った食事などが身体に悪影響なのは、よく知られているところと思います。

ここでもうひとつ重要なポイントが「どのような身体の状態でいたか」ということです。

例えばパソコン作業の際、前のめりになり、必要以上の力でキーを打ち、ずっと画面を凝視、この状態で半日も過ごすと身体への負担はどうでしょうか?

反対に、安定して座り、キーを打つ力は無駄に力まず、眺めるように画面を見て、同じように半日パソコン作業をしたら、どうでしょうか?

想像してみると、その違いを感じるのではないでしょうか。

このように、日常での余計な力みは、必ず呼吸に反映されます。

まさに聞きなじみのある「息があがる」「息が詰まる」という状態になります。

このように呼吸は自分自身の状態を気づかせてくれる「自分を映す鏡」でもあります。

呼吸が乱れることで、自律神経系の失調やさらなる身体の緊張が引き起こされ、肩こり腰痛や不眠や便秘などの身体の不調、さらには様々な病気や症状の発症・悪化などと、あらゆる「不調の芽」となります。ホクラクが専門とするアトピーなどの免疫系の症状などにも深く関わってきます。

身体と呼吸には、身体の力み・緊張が呼吸を乱し、呼吸の乱れが身体の力み・緊張を生むという、相関関係があります。

このようにホクラクは、はりきゅうや呼吸法で患者さまがもっと息がしやすい・生きやすい、日々がラクになるために、研鑽を続けていきます。


ご予約・お問い合わせ