はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2021.02.22 背中の痛み・コリ

「背中の痛み・コリ」と姿勢の関係~身体がラクな姿勢/ポイントその③「アゴの位置」

今回は「身体がラクな姿勢」のポイント3つめ「アゴの位置(角度)」について、お話させていただきます。

※ポイントその①「頭の位置」ポイントその②「胸骨の位置」は、それぞれリンク先をご覧ください。

アゴの位置・角度のチェックポイントは、

・声が出しやすい
・呼吸がしやすい
・喉(気道)が開く感じがする
・首がラク、解放される感じがする
・口を大きく無理なく開くことが出来る

アゴを上げ下げしながら、上記の位置・角度を探します。

「カンペル平面」を参考に

このとき探す目安として、「カンペル平面」というものを参考にするとわかりやすいです。

※参考リンク→カンペル平面(歯科医師向け情報サイトWHITE CROSSより)

下の図のように、カンペル平面(鼻下点から耳珠上縁)を水平にしてから、

少し上に、少し下に、とアゴの角度を変えながら、一番しっくりくる場所を探してみます。

「ここかな?」という場所が見つかったら、あとはそれをキープ出来る動きで、過ごしてみます。

キープ出来る動きのコツが、前回もお伝えしました「お盆に水を入れたコップを乗せた動き」です。リンク先を参考にしてみてください。

お伝えしてきた「ラクな姿勢」のための「頭・胸骨・アゴ」という3つのポイント。それを維持するコツ。ぜひお試しください。

ただ、すでに「背中が痛い」「背中が苦しい・つらい」という方には、まず鍼灸や呼吸法での治療をオススメします!


治療を受けた上で一緒に姿勢改善を行うと、早くラクになります。

姿勢のことや背中の症状でお悩みの方は、ぜひご相談ください。


ご予約・お問い合わせ