はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2021.01.31 背中の痛み・コリ

「背中の痛み・コリ」と姿勢の関係~身体がラクな姿勢/ポイントその①「頭の位置」

前回のブログ「背中の痛み・コリ」と姿勢の関係~「よい姿勢」は「ラクな姿勢」?~の続きです。

前回のブログでは、一般的に「よい姿勢」とされているものが、必ずしもラクな姿勢とは限らない、むしろ身体に負担のかかっている場合もある、ということを書きました。

それでは「ラクな姿勢」とは、どんな姿勢でしょう?

そのポイントは「頭、アゴ、胸骨」です。

ポイントその①「頭の位置」

頭というのは4~6㎏あります。

体格の個人差より、頭というのは個人差がありません。

4~6㎏というと、だいたいボーリングの玉と同じくらい。

そう思うと、なかなかの重さのものが身体の一番上に乗っているな、、と実感しますね。

この時点で、ヒトが構造的に肩~首に負担がかかる生き物というのがわかります。

これだけ重いものが一番上に乗っていると、バランスをとるのが肝心になります。

頭という重い球体が少しでも前に倒れようとすると、それを引き上げるにはかなりの力が必要です。

その時に使われるのが、首~肩・背中~腰の筋肉です。

猫背の姿勢では背中が丸くなり、頭が前に出ます。そのため、首・肩・背中は常に頭を引き上げるように働き続けます。猫背が身体の負担となる理由のひとつがこれです。

「お盆」と「コップ」になってみる

では、安定した頭の位置は?というと、肩と骨盤を「土台」とし、安定していることがポイントです。

それを実践するには「水が入ったコップをお盆に乗せている」イメージです。

もしお盆にコップを乗せて歩くとき、乱れた動きをするとコップから水がこぼれてしまいます。

では、コップから水をこぼさないように動くには、

頭の位置は?

肩や腕の場所や力加減は?

どんな動きをすればよい?

どのように立ったり座ったりすればよい?

ということになります。

実際にやってみると、より感覚がつかめます。

あとはその感覚を崩さぬよう、日常で実践してみます。

ムダな動きや上下の動きが減り、水平方向への動きを意識します。

結果、所作が美しくなります。

特に、むやみに上下する動きは、精神面の浮き沈みにもつながります。

身体的な動きが落ち着くことで、精神的にも落ち着きます。

「所作が心を養う、心を落ち着かせる」というのは、このような観点からも言えることです。

あとは、飲食のお仕事やバイト経験ある方もイメージしやすいかもしれません。

料理を運ぶときの「落としちゃマズい!」かんじです。

ぜひ日常で実践してみてください!

次回は「胸骨の位置」についてお話したいと思います。