はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2021.01.30 ふりかえり開業日誌

ふりかえり開業日記~ホクラクの屋号が出来るまで~

「よし、開業しよう!」

と決意して、まず考えたのが、

「なんという名前の治療院にしよう?」

ということでした。

ぼんやりと思っていたのが、

以前の職場「あんずの種」は、僕が入社した時は「杏園堂」という屋号でした。兄弟子たちの治療院の屋号も「華梨堂」「ナツメ堂」そんな流れで「自分も開業したらナントカ堂かな」と思っていました。

東日本大震災以降、岩手県陸前高田市にて続けている鍼灸ボランティア「プロジェクトさとわ」の「さとわ」も、僕にとっては思い入れがある言葉。さとわというのはサンスクリット語「調和」日本語でも「人里のあるあたり」という意味。治療院の屋号にも合う。

同じように候補に挙がったのが「ポレポレ」スワヒリ語で「ゆっくり」「のんびり」という意味。これも僕がイルファー釧路(HIV/AIDSの予防啓発団体)のケニアメディカルキャンプに参加した時に知った言葉。ポレポレっていう語感と意味がしっくりきて、ポレポレ堂ってなんか可愛いな~と。

あれこれ候補を出したりしながら、しばらくは「ポレポレ堂(仮)」としていました。

そんなあるとき、結婚指輪をお願いした旭川の「北鹿-hokuroku」さんの話になり、

「ホクロクっていい名前だよね」という会話から、

漢字の字面も良い。

ホクロクという韻も心地よい。

そこでふと、

「じゃあ、ホクラクはどう?」

結構パクらせていただきました(笑)

口に出してみても、言葉にしやすい。

韻も心地よい。

瞬間的に「あ、これだな」と、しっくりきました。

そこからは迷いなく、ホクラクに決定!

「北」は、自分たちが生まれ育つ北の大地北海道の一字から。アフリカに行っても、宮古島に行っても、やはり北海道が好きだな、安心するな、と思っていました。

北海道のように、大らかに、誰をも受け入れるように、且つ広く澄んだ空のように。

そんなイメージから頂きました。

「絡」は、経絡の一字から。経絡とは「ツボとツボを結ぶライン」のことで、鍼灸師にとってなじみ深い言葉。経はタテのつながりを表し、絡はヨコのつながりを表します。

自分たちが好きな北の大地で、ヨコのつながりを大切にする治療院にしたい。

そんな想いを込めて「北絡」と名付けました。

、、、と、いざ名付けてみると「これなんて読むの?」と聞かれることが続出!

発信する際は「ホクラク」と仮名にしたり、ルビを振ることが必須となりました(笑)

手前味噌ながら、ホクラクという屋号をとても気に入ってます。

名付けた想いに適うよう、じっくりとホクラクを育てていきたいです。


ご予約・お問い合わせ