はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2021.07.26 呼吸・自律神経のこと

「呼吸ならでは」のストレッチ

ストレッチ

大事です。ホクラクでも必要な方にお伝えします。

そんなストレッチにも、「呼吸ならでは」のストレッチがあります。

それは、

「体の内側から広げていくストレッチ」

です。

呼吸法で、体の内側から伸ばす

とは言っても、日常普通にしている呼吸ではストレッチまでの動きは出せません。

呼吸に合わせて特定の姿勢・運動を行うことで、体の内側からストレッチ効果を引き出します。「呼吸による体の内側からのストレッチ=呼吸法」をホクラクでは行います。

そんな、呼吸によるストレッチならではのメリットは、

① 深い筋肉にも内側からストレッチできる
特に呼吸に関する肋骨まわりの筋肉は、通常のストレッチや鍼をしにくい場所。このあたりの緊張がゆるむと深く呼吸が出来るようになり、気持ちの安定・リラックスにもつながります。

② 胃腸や横隔膜などをダイレクトに刺激できる
身体や精神面が緊張して息を止めたり呼吸が浅くなると横隔膜(呼吸のメインとなる部位)が緊張してきます。横隔膜は自律神経との関係が深い場所。
胃腸などの内臓などもダイレクトに刺激できるので、それらの働きを助けることにも有効と考えます。

前回のブログ「呼吸の乱れと身体へのリスク」では、呼吸による膨張する力を「リスク」という視点からみました。

今回はそんな膨張する力を「活用する」視点から書きました。

呼吸ひとつをみても「どうとらえるか」「どう扱うか」で、プラスにもマイナスにも働きます。

「生かすも殺すも自分次第」という言葉がありますが、身体にも言えることですね。

ホクラクでは鍼灸治療と共に呼吸法を行い、身体の内外両方から整えていきます。


ご予約・お問い合わせ