はりきゅう・こきゅう
ホクラク

2022.06.2 からだとこころのこと

自分の乗りごこち

「自転車点検してもらおう〜」

と妻が言うので、僕の自転車も一緒に点検してもらいました。

点検・整備をしてもらい、いざ乗ってみると、

「え!こんなに違う⁉︎」

というほど、乗り心地が良くなりました(^^)

不具合や不便は感じてなかったものの、整備してもらうと非常に乗りやすさを実感。

メンテナンスは大切

これって身体も同じ。

動ける、働ける、特に病気もない。

例えそうでも「自分の乗り心地」はもっと良くなるかもしれません。

鍼灸で身体のメンテナンスをすることにより、

疲れない
元気に活動し、よく眠れる
快適に一日を過ごせる

そんな「より良い自分」で暮らすことができます。

セルフケアも治療も、どちらにも良さがある

僕も最近はしっかり時間を設け、妻に治療してもらっています。

日々呼吸ワークの自己実践で整えていますが、治療してもらうとさらに元気になります。

自分で行うセルフケアや養生、他人にしてもらう鍼灸などの施術

どちらにもそれぞれの良さがあり、優劣はありません。

セルフケアを習慣にしている方も、鍼灸を受けることで自分では出来ない場所・気づかないところへのケアができます。

鍼灸を定期的に受けている方も、セルフケアを取り入れることでさらに健康を維持できます。

東洋医学の知恵を生かす

痛みや不調を感じていなくても、鍼灸などでメンテナンスする。
それが病気の予防や未来の健康につながる。

それは東洋医学の考えである「未病治」ということ。

未病とは病気の前段階である身体の兆候。

未病治とは「未病の段階で治療して治せば、大病に至らずに済む」ということです。

現代の言葉にすると、予防医療・予防医学ということです。

まさに鍼灸が本領発揮できることです。

病気や不調がないときも(むしろそんな時こそ)、鍼灸を体験してほしいと思います。


ご予約・お問い合わせ