はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2021.07.27 呼吸・自律神経のこと

「鼻うがい」がオススメです~鼻呼吸と口呼吸~

札幌に引っ越してきて困ったことのひとつが「花粉」

10年暮らしていた釧路は、全国有数の花粉がほぼ飛散しない土地。

釧路〜道東への旅行が「花粉症避難ツアー」としてアピールされているほど、です。

札幌に移住して2ヶ月経ったころ、一気に体調崩してアトピーなども悪化したのは、花粉の影響も大きかったと思います。※それを裏付けるようにアレルギー検査では花粉に高く反応します。

鼻うがいの効果

そんな思いもよらぬ花粉のダメージでしたが「鼻うがい」に助けられました。

僕のやっている鼻うがいは、ヨガ・アーユルヴェーダ式の「ネティポット」というものを使ってます。
※アーユルヴェーダでは鼻うがいを「ジャラネティ」と言います。

鼻うがいの効果は主に3つ。

① 風邪・インフルエンザなどの感染予防
感染経路である鼻粘膜や上咽頭部を洗い流します。

② 鼻炎や顔面部症状の緩和
副鼻腔炎による頭痛や目の奥、頬の痛みなどの症状を和らげるにのも良いです

③ 花粉・アレルギー対策
鼻腔を丸洗いすることで、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状緩和することができます。

鼻呼吸は免疫や自律神経とも深く関わります。特に鼻の奥にある「上咽頭部」は、免疫や自律神経と深く関わります。

口呼吸の身体への影響

スムーズな鼻呼吸ができない、口呼吸になると、、

① 免疫や自律神経に悪影響

② 鼻の通りが悪いことで強く吸いがちになり、アゴや首肩に余計な力みが入る→肩コリや頭痛の原因に
と、体にはいろいろと負担がかかります。

鍼灸の現場でも、自律神経トラブルやアトピーでお悩みの方の多くが口呼吸になっている・鼻の通りが悪いという傾向があります。

自律神経やアトピーの治療において、スムーズに鼻呼吸できるように整えるのは重要なポイントです!

ちなみにやり過ぎは注意です!
あまりしょっちゅうやり過ぎると、逆に鼻の中が乾燥しやすくなります。

僕は、起床時と帰宅時に鼻うがいしてます。だいたい1日に2〜3回です。

そんな鼻うがい。花粉対策はもちろん、日々の習慣に取り入れるのがオススメです。

鼻うがいについてのご質問や、鼻づまり・鼻炎などでお悩みの方は、ぜひご相談ください。


ご予約・お問い合わせ