はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2021.08.2 アトピー性皮膚炎

アトピーと食事~その②「どのように食べるか」

前回のブログ「アトピーと食事について」では、「自分と食べ物の相性、どんな食べ物の影響が大きいか」について書きました。

今回もアトピーと食事について。
「どのように食べるか?」について、僕の思うことを書いてみます。

その① 「よく噛む」

一口30回以上噛むことを基本としています。

よく噛むことで、胃腸への負担を減らします。よく噛むことで唾液の分泌を促し、唾液により消化を助け、口の中の保湿や保護にもつながります。

また、噛むために使うアゴまわりの筋肉は「ストレス筋」とも呼ばれる場所。張ってくるとと頭痛や肩こり、イライラの原因にもなります。よく噛んで動かすことで、これらの予防や改善にもつながります。

その② 食べすぎない

よく言われますが「腹8分目」がいいですね。

食べ過ぎは胃腸に負担をかけるほかにも、「副交感神経に急に傾き、だるくなったり眠くなったりする」「血糖値の乱高下をおこし、イライラなどがおきる」ということにも!

その③ 適切なスピードで食べる

基本的にはゆっくりがいいですね~。よく嚙むようになれば自ずとゆっくりになります。無理に飲み込もうとせず、飲み込むまでゆっくりがいいですね。

その④ 楽しく食べる

これはとっても大事ですね!会食が難しい昨今ですが、味わって楽しむ、食器を選んで雰囲気を楽しむ、ちょっとした工夫をしてみる。などなど、、

いかんせん、「何を食べるか?」に注目しがちですが、同じくらい「どのように食べるか?」は大切です。その両方のバランスが大切ですね。

こうえらそうに言っている僕自身も食べすぎたりしがちなので、ゆめゆめ気をつけていきたいと思います!


ご予約・お問い合わせ