はりきゅう・こきゅう
ホクラク

2023.06.20 呼吸のこと

「ちょうど良い」を見つける

多くの患者さまが訴える「呼吸」のお悩み

「呼吸がうまくできない」

「吸うのが苦しい」

「吐けてない感じがする」

ホクラクは呼吸を専門にしていることもあり、患者さまからは呼吸に関するお悩みの声をよくお聞きします。

呼吸がうまくできない理由や原因は様々です。呼吸器疾患の方もいれば、自律神経失調症によるもの、心因性によるものなど、患者さま毎に異なります。

その中でも多くの方に見られるのが、

「吸いすぎ、吐きすぎ」

ということです。

意図>体

体が受け入れられる以上の量・速さで吸ったり、無理に吐いていると、身体は余計に力んでしまいます。

頑張ろうとする方、真面目な方、不安を感じやすい方、そんな方にこそ多い印象です。

たくさん吸って出来るだけ長く吐こう、腹式じゃなきゃダメなど、「〜しないと」「〜しなきゃ」というように意図が先行し過ぎると、肝心の「今の自分にちょうど良いのはどのくらいか」ということが見えにくくなります。意図が先走りして身体が追い付かない状態です。これは呼吸に限ったことでは無いですよね。

良かれと思って行っていることが、むしろ負担になっているかもしれません。

自分に目を向ける、身体の声を聞く

だからこそ、自分自身に目を向け、身体の声を聞き、自分を知ることが大切なのだと思います。

今の自分にとってちょうど良い呼吸を見つける、その上で無理ない範囲で少し長めに吐くのがおすすめです。

ただ、不調が強い方はちょうど良いがわからない場合も多いので、そんな方にはちょうど良い呼吸の見つけ方をお伝えしています。

一旦立ち止まり、落ち着く場所

自分を知るには、まず日常の中で一旦立ち止まり、心身ともに落ち着くことが必要。ホクラクはそんな場所です。そして治療を通じて患者さまのお身体がどうなっているか、施術を受けるとどう変わるかをシェアしていきます。

呼吸がうまくできない、日常でラクな呼吸をしたいという方は、ご来院の際にお声かけください。

ホクラク 原田大祐

自律神経失調症やアトピー性皮膚炎、
その他お身体の症状でお悩みの方は、どうぞご相談ください。


ご予約・アクセス