はりきゅう・こきゅう
北絡〜ホクラク

2021.04.9 じんましん

ホクラクのじんましんの考え方

ホクラクのじんましんに対する考えは、基本的にアトピーへの考えと同じです。

(「ホクラクのアトピーの考えかた」の記事をご参考に)

それを踏まえ、実際のじんましんの患者さまに共通して感じるのは、

じんましんの発症に「疲労」と「ストレス」の影響は大きい

ということです。

じんましんに影響する、疲労とストレス

鍼灸師として10年以上、多くのじんましんの患者さまをみさせていただきました。

そのほとんどの患者さまに共通していたのが「何らかの大きなストレスや疲労を感じていた」ということです。

ここがアトピーと少し違うところです。

そのため、アトピーよりも悪化要因がわかりやすい点が挙げられます。

じんましんがでる体質は慢性的なものでも、じんましん症状そのものは疲労やストレスなどがかかると比較的早くにでます。

じんましんは、症状がでて早期に治療をはじめれば、早く症状がおさまる場合が多いです。

「じんましんがでる体質の改善」となると、これは症状がありなしに関わらず、普段からの予防的ケアが重要になります。

つまり「疲労をためない」「ストレスをためない」そして「生活習慣の改善」です。

じんましん症状の改善にも、じんましんが出ない体質改善にも、鍼灸と呼吸法は効果的です。

じんましんの症状改善と予防のポイント

ホクラクでのじんましんへのアプローチは、

①じんましんが出ているとき

まず鍼灸や呼吸法で疲労回復、ストレスでの身体の緊張をゆるませる。そのほか暴飲暴食や睡眠不足などの悪化要因があれば改善するように患者さまと取り組んでいく。

②じんましんが出ないための体質改善

定期的な鍼灸や呼吸法で体調管理する。疲労をため過ぎない生活習慣、ストレス緩和のため呼吸法セルフケア、食生活などの改善、などを取り入れる。自分で体調や疲労、ストレスをコントロール出来るように。

これらを「治療」と「養生」の両面からサポートします。

治療(鍼灸など)→今の症状改善。治る力が働く状態に整える。

養生(食事などの生活改善、日常でのセルフケア)→未来の予防。治療で整った状態の維持。

これらのことをじんましんの治療の基本として、ホクラクではじんましんの改善、患者さまがラクになるためのお手伝いをさせていただきます。